快適な生活を送るための情報をお届けします

高齢者の住みやすい家

バリアフリー対策として、手すりを取り付ける家庭もあります。手すりの取り付けを業者に依頼する方法がありますが、それだとお金がかかってしまいます。安くバリアフリーを取り入れたいなら自分達で作業をするのが最適です。

Read More

業者に依頼

換気扇掃除は、自分で行うのが大変だと考えられます。換気扇掃除がしたいときには、業者に作業をお願いして掃除を行ってもらうのが最適です。業者の選び方や業者の探し方を紹介していきます。

Read More

快適な家に

自分達のライフスタイルに合わせてリフォームを行う家庭も多いはずです。そんなとき悩むのが、リフォーム業者選びだと考えられます。リフォームを行う際は、リフォームに関する知識、業者のことを調べておくことが望ましいです。

Read More

フローリングを知る

フローリングがどのような歴史を辿ってきたのか、知らない人も結構多いのではないかと考えられます。フローリングは、どのように変わっていったのかこのページで紹介していきます。

Read More

手すりで安全な暮らし

実は交通事故より多い、高齢者の家庭内事故。

若い時はあまり不自由を感じることはないでしょうが、年を取ると家の中の階段や敷居など、ちょっとした段差が急にしんどく感じられ、足元が危なくなってきます。実は高齢者の事故は交通事故などより家庭内で起こる比率が断然高く、骨折をきっかけに寝たきりになってしまうこともあるのです。高齢者にとって、怪我は命に係わる一大事です。家をバリアフリーにすることはできなくても、手すりを取り付けるなど、比較的費用をかけずに取り組めることはたくさんあります。こういった簡単なことから始めて不測の事態に備えることが大切なのです。できることなら、手すりの取り付けはまだ元気な時期に済ませてしまうのがおススメ。手すりのパーツはホームセンターなどにも売られていますので、DIYの覚えがあれば自分でも簡単に取り付けることができます。もちろん、細かい作業は苦手ということであれば、家族に頼んでもOK。大切なのは、早目に対処するということなのです。

DIYで手すりを取り付ける時に気を付けたいこと。

手すりには廊下や階段などに水平に取り付けるタイプと、トイレやドアの近くなどに局所的に縦に取り付けるタイプがありますが、普通に元気に歩ける状態であれば、家中に手すりを取り付ける必要はありませんので、まずは階段、廊下など特に危ない場所から始めましょう。手すりの高さは大体750ミリが標準だと言われていますが、あくまでも利用する人に合わせて。腰の横、大腿骨の付け根あたりに手すりのバーがくるように設置するのが使い勝手が良く、安全です。バーと壁の間は50ミリから55ミリ離しますが、これについては手すり用の金具(ブラケット)を使えば問題ないでしょう。気を付けたいのは、手すりを支えるブラケットの取り付け場所。壁は大抵、中が中空になっていますので、裏側に柱がある場所にブラケットを取り付ける必要があります。柱の場所を探すためには下地探し用の道具がありますので、こういった道具を使えば安全に取り付けが可能です。最後にもし、あなたやご家族が既に要介護、要支援の状態で手すりが必要なら、取り付けは介護保険でカバーされる可能性があります。その場合は住んでいるエリアのケアマネージャーに必ず先に相談しましょう。

浴室をリフォーム

浴室や風呂釜は劣化が早いため、リフォーム業者などにお願いして交換してもらうことが望ましいです。そうすることで、常に風呂釜を綺麗な状態に保つことができ、掃除も楽に行うことができます。

Read More